思春期ニキビ・大人ニキビ、できてしまう原因は同じ?

 

なんとなく肌の奥に痛みを感じるなぁと思っていると、だんだんと目立つように出てくるのがニキビですよね。

 

とくに、大人になってからできてしまったニキビの跡は消えにくく、スキンケアだけではどうにもならず結局のところシミとなって跡が残ってしまったという人も多いのではないでしょうか。

 

ニキビは専門的には皮膚疾患なので、その原因はどちらも同じものです。

  • 過剰な皮脂の分泌
  • 毛穴の詰まり
  • アクネ菌の繁殖

ニキビや吹き出ものは、過剰な皮脂の分泌がされてしまうことによって毛穴の中に皮脂がたまってしまい、その毛穴のなかでアクネ菌などの細菌が異常に増殖してしまうことで、炎症が起こることでニキビや吹き出物ができてしまいます。

 

炎症を起こしてしまったニキビや吹き出ものは、膿が出たり中で吸収されて治まることもありますが、膿がたまって痛みを感じたりする時点で、かなりの炎症が進んでいる状態なので治りにくくて跡が残りやすくなっています。

 

皮脂の過剰な分泌によってできてしまう、「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」、どちらもできてしまう原因は同じなのですが、皮脂が過剰分泌されてしまう原因が違います

 

思春期ニキビの皮脂の過剰分泌の原因

思春期は身体が成長するためにホルモンが活発に分泌されるうようになるため、その影響で皮脂量が増えやすくなります。

 

皮脂量が多い場所は、鼻やおでこなどのTゾーンにニキビやできやすくなります。

 

思春期ニキビの場合、過剰な皮脂が肌に残ってしまわないように、肌を清潔に保つことがニキビ予防には大切です。

 

大人ニキビの皮脂の過剰分泌の原因

大人になってからできしてしまう大人ニキビには、毎日の習慣や生活環境などが絡み合っており、肌だけのトラブルだけではありません。

 

そのため、皮脂が過剰分泌されてしまう原因は何かということを考えなければいけません。

 

肌の乾燥

肌が乾燥しているのに肌がべたつくという肌は、肌の表面が乾燥してしまうと潤いを守るために過剰な皮脂を分泌してしまい、毛穴が詰まりニキビができやすくなります。

 

しかし、この肌のべたつきを取り除くためにあぶら取り紙を使うと取れすぎてしまい、また過剰に皮脂を分泌してしまうため悪循環です。

 

また、肌の乾燥はターンオーバー(肌の新陳代謝)が乱れてしまい、角質が硬くて厚くなってしまい余計に皮脂が詰まりやすくなってしまいます。

 

栄養のバランス

脂っこい食事、インスタント食品、甘いスナック菓子など、皮脂の栄養となりやすい脂肪分や糖分を多くとってしまうと、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。

 

栄養のバランスが悪いと、皮脂の分泌をコントロールしているビタミンB群も代謝するために大量に消費されてしまうため、うまくコントロールができなくなってしまい肌がべたついてしまいます。

 

また、過剰なダイエットは肌に栄養が行きわたらないため、肌荒れやニキビができやすくなってしまいます。

 

ホルモンバランスの乱れ

男性ホルモンと女性ホルモンの両方を持っている人間の身体は、女性の場合、月経前のホルモンの変化によって皮脂の分泌を促す働きがある男性ホルモンが活発になることもあり、毛穴が詰まりやすくなります。

 

また、ホルモンバランスが乱れてしまうことによって、健やかな肌を保つために必要な女性ホルモンの1つであるエストロゲンがうまく作用しなくなってしまうため、肌が乾燥して古い角質に毛穴が詰まってしまいます。

 

ストレス

社会人になり仕事が忙しかったり、家事や子育てなどに追われる毎日で、自分でも気がつかないうちにストレスが積み重なってしまうことがあります。

 

身体はストレスを感じると体内に活性酸素が発生させてしまい、コラーゲンなどの潤い成分にも攻撃をするため、ターンオーバーがうまく働かなくなってしまいます。

 

活性酸素は細胞を傷つけたり免疫力を低下させてしてしまうので、ニキビができやすく治りにくい状態になりニキビ跡がシミになってしまいます。

 

睡眠不足

人間の皮膚は、眠っているときに皮膚のダメージを修復したり新しい皮膚を作っているため、睡眠不足が続いてしまうと修復などがうまくいかないためターンオーバーの働きも低下します。

 

そのため、古い角質が残ったままになることで毛穴が詰まってしまいニキビができてしまいます。

 

洗顔のしすぎ

洗顔のしずぎは必要な皮脂まで洗い流してしまうため、余計に角質が厚くなって毛穴が詰まったり、過剰に皮脂が分泌されてしまいます。

 

また、油分の多いファンデーションなども毛穴をふさいで詰まらせてしまうため、クレンジングが不十分にならないようにすることが大切です。

 

馬プラセンタサプリでシミになりやすい大人ニキビを予防

大人ニキビができてしまう原因には、毎日の習慣や生活環境などが絡み合うことによって起こると言われています。

 

そこで、おすすめしたいのが体の外からのケアだけだはなく、体の内側から美肌への改善が期待できる馬プラセンタサプリメントです。

 

大人ニキビに対する馬プラセンタの効果
  • ターンオーバーの正常化
  • 壊れた組織の修復
  • ホルモンバランスを整える
  • 活性酸素の除去
  • 炎症を抑える
  • 免疫力を高める

 

プラセンタに含まれている豊富な栄養成分、細胞を活性化させる成長因子、20の薬理作用は相互的に作用することによって、体のさまざまな部分を修復したり再生したりする効果が期待できます。

 

プラセンタの持っている効果はニキビ予防や改善が期待できますが、美肌のためには馬プラセンタの効果だけではなく、生活習慣の改善やスキンケアをするときにたっぷりと水分を与えて保湿をして肌の乾燥をさせないということが必要になってきます。

 

また、できてしまったニキビは、紫外線にあたることによってニキビによる炎症がさらにひどくなってしまったり、日焼けをすることでシミになりやすくなるため、徹底した紫外線対策が必要です。

 

まずは、スキンケアや生活習慣の改善、紫外線対策、サプリメントを活用するなどの自分の肌の状態にあったケアをしてニキビを予防しましょう。

 

予防をしていてもニキビができてしまって炎症や化膿がひどい場合は、皮膚科へ相談して薬を処方してもらうことをおすすめします。