栄養素の宝庫と言われるプラセンタの主な成分とは?

栄養素の宝庫と言われるほど、たくさんの栄養成分を持っているプラセンタですが、なぜそう言われるのでしょうか。

 

プラセンタの原料は、哺乳動物の胎盤です。

 

胎盤は、1つの受精卵が10ヶ月の間、細胞分裂を繰り返して60兆の細胞を持つ胎児に成長させていく、驚くほどのパワーを持っています。

 

そして、この胎盤にはたくさんの栄養素が含まれており「栄養素の宝庫」と言われています。

 

プラセンタに含まれている主な成分

 

脂質

角膜・細胞膜・ホルモンなどの体の細胞を作る原料で、生きていくために必要なエネルギーを作り出す

タンパク質

人の体を作るのに重要な成分で、特に筋肉組織を作るのに必要な成分

糖質

細胞の構造を維持して、体のエネルギー源になる

ビタミン

代謝をスムーズにして、体のさまざまな生理機能を調節する

ミネラル

血液やリンパ液の調整など、体の様々な働きをする

核酸

傷ついた遺伝子を修復したり、新陳代謝を調整する

アミノ酸

体の細胞が作られるために必要な成分で、健康に関わる機能を活性化させる

活性ペプチド

細胞の再生や増殖などをするのに、変形を繰り返し体のさまざまなところで能率的に働く

酵素

消化・代謝・血液の循環などのあらゆる働きに欠かすことができない成分

ムコ多糖体

細胞と細胞をつなぐ成分で、細胞の循環と代謝を支えている

成長因子

細胞の分裂や増殖など、細胞を若返らせる働きをする

 

プラセンタにしか含まれていない成長因子とは?

プラセンタが注目されている1番の理由は、アンチエイジング効果が期待できる成長因子ではないでしょうか。

 

成長因子は細胞増殖因子(グロースファクター)とも呼ばれていて、細胞の増殖や分化、傷ついた細胞の修復や再生を促し、年齢とともに出てくる老化現象に対して、細胞を若返らせる効果が期待できます。

 

EGF(上皮細胞増殖因子)、FGF(線維芽細胞増殖因子)、NGF(神経細胞成長因子)、HGF(肝細胞増殖因子)などの他にも種類があり、それぞれがお互いの成長因子の働きを補っています。

 

馬プラセンタに含まれているアミノ酸とは?

また、栄養成分のなかでも重要な成分であるアミノ酸は、体の細胞をつくるもとになるもので人が生きていくためには欠かすことができない成分です。

 

プラセンタに含まれているアミノ酸は10種類以上あり体内への吸収率が高く、体内では作ることができず外部から摂取する必要がある、6種類の必須アミノ酸(ロイシン・リジン・バリン・ステオニン・イソロイシン)などが含まれています。

 

この必須アミノ酸は、プラセンタ市場で一番多く売れている豚プラセンタには含まれておらず、全体的なアミノ酸量も豚プラセンタよりも約1.5倍多いと言われています。

 

バランスがいい馬プラセンタサプリメントがおすすめ

プラセンタにはバランスのとれた栄養成分と成長因子などの有効成分によって、美容や健康などの面でのエイジング効果が期待できます。

 

胎児を成長させるためにある胎盤は、栄養を母親から胎児へと供給するためのものなので、命を育むために必要な栄養がバランスよく詰まっています。

 

このようにバランスのとれた成分は他にはなく、成長因子が細胞に直接働きかけることによって細胞が若返り、美容や健康を維持するサポートをしてくれるのです。

 

また、高純度・高品質・安全性が高いと言われる馬プラセンタの効果は、もっともおすすめできます。